土. 2019年8月17日

ここも大事!注文住宅をするときは庭と駐車場を考えよう

予算オーバーにならないように気をつける

注文住宅を建築するときに住宅のことばかり考えている方も多いでしょう。しかし住宅には庭や駐車場の設置をする必要もあります。外構工事のことを考えないと予算オーバーになってしまう可能性があるので注意するのが大事です。そこで予算オーバーにならないためのコツとして事前計画をしておく必要があります。一般的に外構工事にかかる費用は住宅資金の一割くらいだと言われています。例えば2000万円の住宅なら200万円くらいの金額で庭や駐車場を作ることができます。基本的に外構工事は家の工事が終了する頃に業者に依頼をします。住宅で多くの資金を作ってしまうとお金が少なくなり外構工事の見積もりで泣く羽目になるので注意しておきましょう。カーポートやウッドデッキなどを設置したいのなら余裕のある資金計画が必要です。

ビルトインガレージを使うのも1つの手

土地が狭すぎて庭が作れず駐車場を設置できない人もいます。こういうときはビルトインガレージを使ってみましょう。これは駐車場と住宅が一体化した商品で、住宅の一階に駐車スペースを確保します。ビルトインガレージは都会などの土地価格が高い場所と特に効果を発揮してくれます。少ない予算でも駐車場を設置する事が可能です。駐車場と自宅が一体化しているだけに雨が降ってしまっても、車の乗車する時に濡れずにすみます。住居場所は二階になるのですが、商品によっては一階に住めるものもあります。特に車好きの方におすすめの商品で、一階をショールームのような外観にすることもできます。

愛知の注文住宅なら、愛知県内を中心に地元に密着した業者があります。大手に負けない小回りと卓越した技術で、三ツ星認定された工務店も多いです。

Calendar

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031